タミフル服用開始から38時間以内に効果が出る

タミフルはインフルエンザ治療薬の一つで、インフルエンザウイルスが宿主細胞からほかの細胞へと増殖を広げる際に、ノイラミニダーゼという酵素を必要としますが、タミフルはこのノイラミニダーゼを細胞の中に閉じ込めることで、これ以上ウイルスが増殖するのを抑制します。

タミフルは、インフルエンザに感染後48時間以内に服用するのが望ましいとされています。
48時間過ぎての服用は効果がないので無駄になってしまうことがあります。

タミフル服用後、30~38時間以内で薬に薬効が効き始めますが、これには個人差があるので何とも言えません。

また、タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を防ぐことでウイルスの活動を抑制する薬であるため、ウイルスそのものをやっつけるわけではありません。

そのため、タミフルを飲んだからと言って高熱や関節痛、全身の倦怠感などはすぐに収まらないこともあるので、高熱月すく場合にはしっかりと水分補強をしていくようにしましょう。

また、タミフルを服用して症状が落ち着いても、基本的に5日間は飲み続ける必要があります。

いったん症状が治まったとしても、粘膜などにウイルスが残っている可能性もあるのと、次にインフルエンザに罹った際に耐性ができて薬の効き目が悪くなってしまうことも考えられるので、自己判断で勝手に服用をやめず、最後まで飲み切るようにしましょう。

ただ、飲んでいる途中で副作用がひどかったり、5日間飲み切っても症状が変わらない場合にはすぐに医療機関で診てもらうようにしましょう。

インフルエンザは成人なら問題ない病気でも高齢者や幼児などは重症化すると命の危険にさらされることもあるので、いつか治ると軽く考えずにおかしいなと感じたら早めに病院に行くように心がけましょう。

■タミフルを通販で購入し経済的に治療しましょう
タミフル 通販
■わかりやすいリレンザの解説サイトです
リレンザの副作用の影響について