タミフルの多く出る副作用

タミフルはインフルエンザ治療薬として認可を受けている医薬品で、ノイラミニダーゼという名前の糖たんぱく質酵素を阻害する役割があることで、インフルエンザ菌が増えることを予防できる効果があります。
インフルエンザに発症してから48時間以内にタミフルを服用することによって、発症の期間を短くすることが可能で、発症するよりも前に服用しておけば予防の役割を果たします。
タミフルは経口タイプのインフルエンザ治療薬になりますので、飲みやすい点から様々な人が服用しやすいことがメリットと言えます。
タミフルは医薬品ですので、一定の割合で副作用を発症する可能性があることを把握しておくことが大切です。
タミフルを服用した際に発症する可能性のある副作用として多いものは、嘔吐や吐き気、腹痛などの症状があります。
これらの症状の他にも排尿量が減少することや、血便が見られることもありますので、そのような症状があらわれたときには服用を中止して医師に相談することがおすすめとなります。
その他の症状としては、疲労感や鼻血、不眠、めまいなどが発症するケースもあると言われています。
これらの副作用については、大人が服用したときに見られる副作用で、子どもや幼児が服用したときには幻覚や異常行動があらわれる場合があります。
タミフルを服用すると異常行動を発症することとの、因果関係については現在では不明となっていますが、過去にいくつかの事例があります。
小児や未成年者がタミフルを服用するときには、服用後2日間ほどの期間については保護者は様子を見たほうが良いと言えます。
インフルエンザに感染したときには、タミフルの処方による影響ではなく、脳症や脳炎などの症状があらわれることが考えられるために、異常行動を起こす原因になるという説もあります。