タミフルを服用しても効かない場合がある

タミフルは、インフルエンザ治療薬の一つです。
経口投与型で、小児患者や高齢患者にも服用が容易であることから、インフルエンザの治療に広く用いられています。
タミフルは、インフルエンザの発症から48時間以内に服用を開始することで、症状を軽減し、罹病期間を約1日短縮できることが、臨床試験のデータなどから知られています。
タミフルの主成分はオセルタミビルリン酸塩で、この成分は、インフルエンザウイルスが持つノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害し、細胞内で増殖したウイルスが細胞外へ遊離するのを抑え、ウイルスの増殖を抑える効果があります。
現在、人の間で感染と流行が確認されているインフルエンザウイルスには、大きく分類すると、A型、B型、C型の3種類があります。
タミフルは、これらのうちA型とB型のインフルエンザウイルスに対して抑止効果がありますが、主に五歳以下の小児が罹患するC型には効果がありません。
また、A型やB型であっても、タミフルへの薬剤耐性を獲得したインフルエンザウイルスには、効果がないことも判明しています。
さらに、上述のよう、タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えますが、ウイルスそのものを失活(死滅)させる効果はありません。
インフルエンザウイルスは、発症から約48時間後に増殖を終えますが、ウイルスが増殖し切きってからタミフルを服用しても、治療の効果は得られないことになります。
治療の効果を得るには、症状が現われてから48時間以内に服用を開始し、ウイルスの残存が見込まれる五日の間、服用を続けることが必要です。
なお、発熱などの症状を軽減する効果は、B型の場合、A型の場合ほど得られないことも判明しています。